ISOの種類を知ろう|食品を始めとする安全を確保するためのISO22000作成に注目!
社内

食品を始めとする安全を確保するためのISO22000作成に注目!

ISOの種類を知ろう

ネットワーク

ISO規格は番号によって整理され現在様々な種類があります。ISO規格に沿って会社内にシステムを構築し、審査機関に認証されると企業にとっては信頼を得られると言うメリットがあります。ISO認証取得を目指し通常は、「ISO要求事項」に照らし合わせた企業の現状分析と、規定の文章化、審査と言う流れに成ります。コンサルティング会社はこの「ISO要求事項」を参考に、現在の企業に不足している事項の分析と、ルール・規定のマニュアル作成あるいは修正のサポートを行います。費用は一般的に100万円〜200万円前後ですが、コンサルティング企業のグレードや会社規模などによって異なってきます。

ISO規格は商品の品質規格から始まりました。工業化社会の進展によって貿易取引が盛んになり、世界共通の標準を作る必要が出てきたためです。1987年になると、品質マネジメントシステムに関する規格化が始まりました。製品の品質を維持していくための企業システムに関する規格を定めることは、国際市場における円滑な取引には欠かせないものとなり、企業評価の目安としても機能するようになりました。ISO認証を取得しないことは、経済取引に影響を及ぼす可能性もあるため企業にとっては重要なものですが、取得までの取り組みは簡単なものではありません。多くの企業がISOコンサルティングにシステム構築のサポートを受けます。コンサルティングは認証取得に限らず、規定の運用、内部監査のフォローを行いながら企業としての成長へつなげるシステム構築をサポートしてくれます。