女の人

食品を始めとする安全を確保するためのISO22000作成に注目!

規格を取得する方法

システム

最近では様々な国際規格が存在します。とくにISOは幅広い規格が存在しているので規格の取得は目的によって異なってきます。本格的に規格取得を目指すのであれば業者選びが大切になってきます。

詳細へ

ISOの種類を知ろう

ネットワーク

ISO規格とは、国際標準化機構が定めた世界共通の基準のことです。従来の製品に関する寸法や品質の規格に限らず、企業のマネジメントシステムに関する規格も含まれます。

詳細へ

イチオシリンク

  • アイソ・ラボ株式会社

    ISO22000を取得することによって会社に箔が付けられます。手間なく取得するためにもコンサルタントへの相談が大切ですよ。

食品の安全

IT

食品は人が直接口にするものでもありますし、利用客はどんなものよりも食品の安全を求めています。そのため、食品を扱う企業ならISO22000を取得しているとより安全性を確保できるため、この国際規格を取得するのが望ましいでしょう。食品を扱う企業といえばまず食品を販売するところが挙げられます。そのため大手のコンビニチェーン店やスーパー、ファミレスなどではISO22000を取得する傾向にあります。こういった大手のコンビニチェーン店でもし食中毒が起きてしまえば企業全体にその影響が波及してしまいます。そのときに正しく対策をするためにもISO22000の取得を行なっていると安心なのです。ISO22000を取得しているということは、問題が起こった場合に製品回収を素早くできるということを指しています。対策を間違うと余計に企業に対する印象も悪くなってしまいますし、被害も広がってしまう恐れがあります。それをしないためにも基準をもっておくことは大切なのです。

食品を販売する場所だけではなく、ISO22000は農業を行なうメーカーや個人営業主も取得することが多くなっています。農業は食材の元になっている原料を作っている場所でもあるのでこれは当然といえるでしょう。また、添加物の製造業もこれと同じく食品に大きくかかわっている場所です。そして直接食品に関わっているわけではありませんが、食品を加工する際に活躍する製造機械を作っている業者も厳しい基準をもって製造することが求められます。食品に関わる企業はこのようにたくさんあるため、ISO22000取得の動きは高まっています。